FINSWIMMING

フィンスイミングは、足ヒレを使用して水面・水中を進むスポーツです。

フィンには、ビーフィン(片足ずつ履く2枚フィン)と モノフィン(両足そろえて履く1枚フィン)があります。
ビーフィンは、クロールや背泳ぎなどと組み合わせると、推進力は30%アップするといわれています。
モノフィンは、イルカの足ひれのような形状をしており 推進力はビーフィンに比べてはるかに大きく、50メートルを13秒台、
競泳のクロールより、約1.5倍速いスピードを出すことが出来ます。 まさにイルカか人魚です。
現在では『第二のオリンピック』と呼ばれるワールドゲームズの正式種目の1つであり、
世界中で人気の高いスポーツです。

サーフィス(SF)

サーフィス(SF)

呼吸法としてシュノーケルを使用します。 スタート、ターンを除いて(スタート・ターン時15mまでは潜水可能) 身体の一部が水面から出ていなければなりませんが、 腕のかき方は自由です。 プールでの公認種目は25m、50m、100m、200m、400m、800m、1500mで、そのほかに海や湖等で行われるオープンウォーター競技のロ ングディスタンスもあります。

アプニア(AP)

アプニア(AP)

アプニアは潜水競技です。距離は25mか50mのみで競います。呼吸をしないので、シュノーケルもつけません。14歳以上の選手から50mのアプニア種目には出場できます。

イマージョン(IM)

イマージョン(IM)

アプニアと同様に潜水競技ですが、スクーバ器材(空気ボンベ・レギュレーター使用)を使い水中を泳ぎます。 顔は水面に出せません。 距離は100m、400mです。

ビーフィン(BF)

ビーフィン(BF)

ビーフィンを使用してクロールを泳ぎます。国内では、国際ルールに則った「CMASビーフィン」と 国内のフィンスイミング普及の為に行われている「Jビーフィン」があります。距離や使用可能な道具はそれぞれ異なりますが、Jビーフィンは道具の規定が緩く、気軽に参加できる種目です。

主な用具・服装

シュノーケル

シュノーケル

ダイビング用のものとは違い、シュノーケル内部に入った水を吐き出すための弁がありません。競技で使われる専用のシュノーケルはサイズ・太さの決まりがあります。

モノフィン

モノフィン

フィンスイミングの中でもっともスピードの出るモノフィン。ブーツ部分はゴム製で、フィン部分はFRPが主流です。レースに出る選手はカーボン製を使用することもあります。

ビーフィン

ビーフィン

水泳のトレーニングやダイビングなどで使われているビーフィン。モノフィンのようにFRP製やゴム製などがあり、形状やサイズも沢山の種類があります。

競技会の種類等

年齢区分と参加可能な競技について

呼称(国際ルール) 国内呼称 年齢 参加可能種目について
シニア シニア 18歳以上 全て可能
ジュニア ユース 16〜17歳 全て可能
ジュニア 14〜15歳 全て可能
ジュニア 〜13歳 全て可能 ※ただしアプニアは25Mに限る
マスターズ   29〜34歳、以下10歳毎 全て可能
  マスターズ 29〜34歳、以下5歳毎 全て可能
※年齢 当年 12月末日 満年齢とする

各種目 距離について(長水路)

種目 距離
アプニア 50M ※安全上、50Mアプニアには14歳以上の選手から出場できます。
サーフィス 50、100、200、400、800、1500M リレー 4×50M mix(男女混合) リレー 4×100M リレー 4×200M
イマージョン 100、400M
CMASビーフィン 50、100、200、400M リレー 4×100M mix(男女混合) 

主な競技会

ワールドゲームズ 第2のオリンピックといわれている4年に一度の最大級イベント
世界選手権 2年に一度行われるフィンスイミングの世界大会
ワールドカップ 世界を転戦して行われ,合計の獲得点を競う大会
アジア選手権 大陸ごとに行われているアジア地域最大の大会
ワールドカップマスターズ 29歳以上(マスターズ)の年齢区分毎に競われる国際大会
その他年齢別世界大会 ジュニア・大学生の世界大会が行われている
国際大会
日本選手権 代表選手選考も兼ねて行われる国内で最も権威のある大会
日本学生選手権 学校別に競う大学生の全国大会
ジャパンオープンマスターズ 29歳以上(マスターズ)の年齢区分毎に競われる国内大会
その他各種オープン大会・記録会 当連盟への会員登録無しで参加可能なオープン大会等も行われている
国内大会
  • フィンニュース
  • 大会情報